スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.05.09 (土)
麻原彰晃と同質な偽善者
 報道腕章をして法廷に入り、傍聴席を確保している60歳手前の眼鏡をかけたオウムおばさん(あえて、そう呼ぶ)は、本来の報道媒体を通じての作業よりも、個人の情報発信に躍起になっている。
 そんな人物に報道席が確保されるのは筋違いではないのか?
 そもそも、オウムおばさんは、このひとつの区切りで、坂本堤弁護士とオウム真理教を結びつけた個人的事情をどう総括しているのだろうか。
 坂本弁護士の実母からも「恨みます」とはっきり公言されているのに。
 このおばさんは人を傷つけることに、かなり無頓着で(この傷は癒えることはないし、ぼくの周りにも被害者は沢山いる)、そういうところが麻原彰晃をはじめとする教団の体質と同じだと思う。
 因みに、このおばさんの最初の攻撃手法は「シカト」から入る。そのあたりもオウムとまったく同じだし、いじめ問題や教育問題を語るにあたらない。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。