スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.07.20 (月)
CMPのビラ配り給与が100万円で、それの失業保険を申請したら、ハローワーク職員がビックらこいた話、その続き。

失業保険を申請したサマナからの報告を、ワシとKAT-TUNではない上竜ともう一人の幹部は聞いて

「やばいな」

と思った

「下手すりゃ詐欺で捕まるな」

と思った

だって、サマナビラ配りの給与100万ったって、これは実際には、本人が手にすることはない。単に、帳簿上給与として計上されて、会社の経費を嵩上げしてただけに過ぎないわけだから。お金はサマナ本人名義口座に振り込まれたかもしれないが、その口座のキャッシュカードを経理担当が管理していて、振り込んだと同時にATMで引き出して団体経理に回す。そんな操作をしていただけなんだから。

当然のことながら、サマナ本人は

給料をもらった実感がない

払っている会社の経営者側、つまり教団幹部側も

給料を払った実感がない

そもそも出家教団は

タダ働きが当たり前

よって、もしこれで「給料なんてもらってないのに失業保険だなんて詐欺だ!」と言われれば、世間一般人よりより正直なサマナ・幹部の感覚としては、

「確かにタダ働きだから、給与のやりとりはない」

が正直なところだけど、わざわざそういう突っ込みに対して

「お前は、有限会社ポセイドン(CMPの会社の名前)の社員で、ビラ配りが仕事で、毎月給料を100万円ずつもらっていたことになっているんだからな」

という、出家生活とは全く関係が無い、余り実感がない会社の経理的説明をしなきゃいけない。仮にそういう説明で押し通そうとしても、サマナの場合捕まって警察に事情聴取を受けたとしたら

警察「お前、給料もらってたって言うけど、どこの会社勤めてたんだ?」

サマナ「えっと…、会社名は…」

とか聞かれると答えられなくて、答えたとしても

サマナ「CMPです。

とか

サマナ「トライサルです(トライサルはお店の名前で屋号であり、会社の名前つまり商号とは違う、焼肉の「牛角」と株式会社レインズインターナショナルの関係と同じ)」

とか言いそうな感じだった。仮にこの質問をクリアできても

警察「じゃあ、会社の社長は誰だったんだ、入社年月日は?」

とか社会人なら当たり前の質問もクリアできそうにはない。そもそもワシも有限会社ポセイドンの社長が誰なのか知らない。絶対野田とかKAT-TUNではない上竜でないことは間違いないが。

こうなると実態がないのがバレバレ。いちいちそういうのを教育するのも馬鹿らしい。

って事で、さすがに失業保険申請は、途中で中止になった。

ところで今回このビラ配り100万円に絡んで、元出家者の恨みを買いそうな話があるんで、ちょっとここでお詫びというか、そのお詫びの気持ちとしていくらか被害賠償をしたいと考える。

何の被害かというと、ビラ配りだけではないのだが、CMPで働いたことになっていたサマナは、給与が高かった分、その所得税だけではなく住民税も高かった。また住民税と連動する国民健康保険もバカ高いものになっていた。

しかもこの住民税・国民健康保険は、前年度の収入に連動して計算されていたから、前年度年収1000万以上あったことになっているサマナが辞めると、思いもよらぬ高額な住民税と健康保険料に悩まされるという事態が稀にあった。実際それで、

「サマナ辞めてから健康保険料が高額でエライ目に遭った」

という話もあったから、そのエライ目にあった元出家者には、ワシの方からお詫びのお金を差し上げたい。一応ゼロは4桁ついてるから、但し、請求書発行(こちらがテンプレートを用意)と銀行口座は教えてもらう必要があります。まあ会って近況教えてもらえたらより嬉しいけど、社会的にもワシに会ったらマイナスだよね。

誠に勝手ながら、この記事アップしてから50日以内とさせていただきますので、お知り合いの元サマナの方に話を回してみてください。

(つづく)
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。