スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.08.16 (日)
はい、いよいよ今週だね~、三女のイベント。これだね

因果と応報? オウムと死刑を考える 安田好弘 有田芳生ほか(東京・水道橋)

注目は、前記事でも述べたとおり、荒木君が来るかどうか。来たとしたら、どういう顔して三女と顔を会わせるのか、会わせないのか?

いやみんな知らないかも知れないけど、実は、荒木君ってのは、十数年前は三女の腹心だったんだよ。母ちゃんに手籠めにされる前は。

というのは1996年末頃は、教団が壊滅状態になるかもしれないって話があったからね。知ってるかな?三女の言う「波動砲」だよ「波動砲」。宇宙戦艦ヤマトが教団に「波動砲」で攻撃してくると思ってたんだって。

その「波動砲」で教団がバラバラになる前に、信者らは麻原のメッセージに従って、6人一組くらいのグループを作ってたんだけど、荒木君は信者のグループには入らなかった。

どこに入ったのかというと、なんと三女から直接声がかかって、警備グループに入ったんだ。三女は、昨今除名された腹心である女性中堅幹部信者らと、福島県いわき市のプール付き豪邸に移る予定だったけど、荒木君もそこに移るよう声がかかったというワケ。

但し警備ということになると、やっぱり車を運転してもらわないと困るわけだけど、荒木君は運転免許を持って無かった。で、三女の方で荒木君が警備になる為に、

「運転免許を取ってきて」

という条件を付けたわけだな。

で、この免許を取るにもちょっとひと悶着なかったわけでもないんだが、それは話の出し惜しみで次回。

結果として彼は無事免許を取って、三女の元に馳せ参じることになる。

あの当時、三女から声がかかっていわきに召集されたのは、女性幹部ばかりだったから、荒木君は男性として特例だったと言えなくもない。

その三女唯一の男性腹心とも言えた荒木君が、今度は敵対する母ちゃんの尖兵として、三女を悪魔扱いするんだから、無常だね。

ってことで、参加する人は、三女に話しかけてみよう

「今日は荒木君来ないんですかね?」

「最近荒木君とはどうなんですか?前腹心だったんですよね?」

ワシャイベント行かないけど、行った人報告お願いします。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。