スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.08.30 (日)
三女派vs次男・母ちゃん連合の教団分裂は、三女派腹心が追い出された上、三女に肩入れしていた師やサマナも数人が追い出される形で決着ってな感じで終わりそう。表のブログで引用した「法友新聞」も発行されなくなっちゃった。その編集に関与していたと思われるキーロガーで幹部のシヴァメールを盗み見していたサマナも除名されちゃったしね。

最近の教団は、個人の携帯とかパソコンもチェックされるという北朝鮮並の恐怖支配だけど、しばらくはその体制で続くんじゃないかな。

でも一神教の父性原理からして、この先教団は、またまた内紛が起きて再分裂騒動になることは不可避でしょう。

考えうるシナリオとしては、今はうまく行っている次男と母ちゃんが、何らかの要因で仲違いする事態。その場合

①次男が教団関与を突然放棄する
②次男が主導権を発するようになり、母ちゃんとケンカする

のどっちかだろう。

①次男が教団関与を放棄した場合、影で操る松本家は母ちゃんだけになる。ステージ的には、「血を引いていない単なる正大師」だから上祐と変わらんわけだな。そうなると、三女や長男が、再度何らかの形で教団に口出ししてくる可能性もある。尤も、双方とも表向き「教団とは関係ない」と公言しちゃったから、やるとしても表からは見えないような形になるだろうけど。そこで再び母ちゃんが後ろ盾の荒木・二宮体制と、麻原の血を引いた三女らを支持する信者らの間で、綱引きが始まる。

三女らが余り口出ししなければ、母ちゃんの教団ができるだろうけど、相対的に求心力は弱まるだろう。

②次男が主導権を握った場合は、母ちゃん色を教団から払拭するようになるだろう。具体的には、母ちゃんの腹心のような人物を排除する形になる。今後教団内の人間関係がどうなるかは分からないが、これまでの関係通りなら、荒木君とかスッカー師とか排除されることになると思われ。

ただ今時点まで残っている教団幹部というのは、単にステージが上であれば、そのステージが上の人間の言うまま、自分なりの信念もなく、言動も立場も日和見的にコロコロ変える人間ばかりだから、今の母ちゃんの腹心なんてのも、いつ次男派に変わって母ちゃん排除に回るか分からんわけだけども。何にしろ、元々母ちゃん嫌いの二宮君が次男の後ろ盾を得たのなら、喜び勇んで荒木君他母ちゃん派だった人間を粛清するだろう。

尤も、松本家の人間というのは、世話になった人間に対する情なんてものはほとんどないから、仮に次男が教団の主導権を握った場合、自分をその立場までお膳立てしてくれた二宮君にしろ荒木君にしろ他の幹部にしろ、誰かを特別扱いするなんてことはない可能性も高い。

むしろ逆に、既に教団を出てしまった次男と縁が深いとされる某正悟師を教団に呼び戻して、二宮君他を一掃する可能性も排除できない。

何にしろそれはまだしばらく先の事でしょう。上祐分裂騒動が2004~5年の話で、今回の話がその10年後だから、また10年先のお楽しみってことで。

それにしても、ブログでずっと継続的に記事書くのって大変だね~。過去のオウムネタなんて、すぐ無くなっちゃうよね。サリン20年契機にブログ他始めた人も、すぐ休止しちゃうし。

それを考えると、ウチの教祖(西村新人類)は偉大だね。20年近くほぼ毎日ブログ更新でしょ、凄いね、そこだけは凄いね。

ってことでオブツ真理教ブログは、秋休みに入るかも、です。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。