スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.12.26 (土)
あ~、一ヶ月って早いね~、もう今年も終わっちゃうよ。
一応広告が出ないように記事書くって言ったからとりあえず書く。

先に要旨言っちゃうとね~、アパーヤジャハ正悟師(元青山弁護士、以下apsg)とペーパーテスト対決してたら、多分負ける、って話。

昔、教学システムってあったんだよね。わしも途中で「特別教学システム」って作ったんだけど、それより前にもう一個あったんだよね。出家者は、「ポアの間」ってところに入れられて、麻原のビデオを大音量で一日中聞かされるってやつ。ま、監禁洗脳システムだったんだけど。

そのポアの間で流れたビデオ内容について、試験制度があったんだな。確か1990年頃だったと思う。試験作ってたのは、ジョウユウとカンカーだったかな。

試験問題なんていくつも作れるわけないから、この手のシステムなんて、誰でも何回か試験受ければ、同じ問題に当たって必ず合格するシステムだったんだけど、そこで注目されたのは、誰が一番早く合格していくか、という話だった。

衆院選挙に負けた後に、最初の教学システムは、教団の体制立て直しの為に始まった。試験は、富士山総本部で行われたんだけど、予め1課から10課とか何課まであったのかわすれたけど、勉強してきた課の分を試験受けたわけ。

同じ時に、apsgも来てたんだけど、一発目の試験でワシは8課まで合格、apsgは5課まで合格。他の人はそれ以下だった。

で、来てた人は、一週間くらいポアの間学習に入るんだけど、それで勉強してまた試験を受けるというのをその7日間繰り返すんだな。

ところが、最初3課分も差を付けていたのに、ワシはapsgに最後追いつかれてしまった。いやいや、さすが司法試験最年少(?)合格するだけあって、彼は優秀だね。

一発目の試験で彼が5課までしか合格しなかったのも、多分その頃波野村の土地取得とかで忙しかったからでしょう。だから記憶力のペーパーテストでの比較なら、彼の方が優秀ってことです。

えっとねー、それでapsgの話続きなんだけど~

そーっくりさん見つけたんだね。

apsgのそっくりさん。

写真撮りたかったんだけど、うまく行かなくて。。。

え、どこの誰かって?

場所を教えるので皆さん、勝手に見に行って下さい。

野田市にいます。

わしが野田だからって関係ないよ。単に物件が野田市にあるからだけど、野田市役所に行くと、

「野田さんが野田市役所に来たんですか」

とオヤジギャグにもならない話をされたんだけど。

野田市役所の生活支援課にいます。

多分30そこそこか、20代の人なんだろうけど

出家したてのapsgそっくりです!

職員の名前は、木下さんです。

ホームレス支援のボランティア来てくれたら、一緒に野田市役所に行けますよw

あ、そんで野田市なんだけど、こーんな看板が入り口にあります。

野田市役所

(画像は松戸市のものを流用)

野田市にオウム施設あるんだよね。

で、ワシもしらなかったんだけど、その施設

なんとなんと

ワシの物件から数百メートルっていう目と鼻の先

ってことで、ボランティアに来ると、オウム施設見学ツアーも出来ます。

あんまり面白くないけど、書くだけ書いた。

(つづく)
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。