スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2017.01.14 (土)
何か、ガサがあったみたいだね。

http://sinzinrui.blog.fc2.com/blog-entry-3746.html

うん、そういや、一昨日かな。大村さんの見舞いに行く途中の八潮高速線の下、三の丸倉庫の八潮道場のところ

「やたら今日は警察官が多いな~」

と思ったら、ガサだったんだね。

ワシの運転手何年かしてくれてたララナーさんが逮捕されたみたいです。

ところでリンク先の我らがオブツ真理教・西村教祖の記事引用

「 今にして思えば、こういう風になるんならば、破防法で解散させれば良かったんですよね。今からでも遅くはないから、そうですね、衆議院総選挙解散前にオウム真理教(通名アレフ・ひかりの輪とも)に破防法で解散させれがばいいのです。どうせ反対するのは共産党と社員党およびその隠れ支持者だけですから構うことはありません。
 選挙直前にやれば、破防法適用でオウム真理教がなくなり、自民党の評判が良くなり選挙で大勝。一方共産党は「破防法反対」で正体がバレて大敗。誰一人困りません。」

オウム破防法解散で一番困るのは、オウムネタが無くなるオウマーの代名詞・我らがオブツ真理教の西村さん、ってのはどうよ?

まあオウムがなくなったら共産党いじるだけかな?

ところでテレビ東京の報道で、信者数の増加なんだけど

信者数

なんか毎年100人単位で入信があるわりには、いつまでも1000人台の半ばをずーっと推移しているような…

気になったんで、「アレフ 信者数」で検索してみると、出てきたのはアレフHP

http://info.aleph.to/blog/archives/116

要するに辞める人も結構いるけど、そっちカウントしてないだろ、ってことね。これはそうかも。

じゃあお金の方は?

「もう十数年も前のことですが、公安調査庁が、「教団関連のパソコンショップの年間の売り上げが60億円」と喧伝していたことがありました。そのときはまさに、薄利多売の事業の「売り上げ」だけを取り上げることで経済力を目一杯大きく見せ、それによって教団の危険性を煽っていたわけです(最近は公安調査庁も少し手が込んできて、たとえば「流動資産」という、一般には馴染みのない会計上の数字を持ち出してきて、“潤沢”な教団イメージの形成に寄与しています)。」

えーとね、パソコン事業は、その時の金庫番だったからワシの情報の方が正確なんだけど

1998年は売上100億あったんだよね。

経理のデーヴィーさんが報告して来たのが、確か12/30位だったかと思うけど、年末の日曜日に

「年間売り上げが100億円超えました」

って報告してくれたんだ。

マスコミがいってたのは「70億」だったんだけどね。

あんときゃ、現金で8億くらいあったなー

だから今でも9億くらいあっても不思議じゃないけどね~

なんにしろ、あの人たちは、お金を使わないから、貯まる一方なんです。

一般社会の中で生きていくと、やっぱ人付き合いで金使うよね

ワケの分からん飲み会とか

居酒屋でちょこっと頼んだだけでも、軽く5000円10000円消えていくよね

ああいうのでみんなお金を浪費してるんだろうけど、オウムの人はそういうのやらないからね

だから多分アレフの経理がある北越谷のサクラマンション経理本部には

ダンボール数箱分の億の束があると思うよ

ワシ、まだあそこの402号室もってるんだよね~

西村さんにも内見してもらって

「買ってよ」

って言ったんだけど断られちゃってさ

今二人住んでて、毎月の家賃9万円なんだけど

一人出るっていうからさ

壁の向こうに9億円が眠っているマンションです

誰か300万位で買ってくれないかなー

ワシ、一応不動産の宅建免許も、事業免許も持ってるんで

流石にあのマンションを自分名義で売りに出すっていうのが出来なくてね

だって業者に頼んだら

「え、野田さんって、あの元オウムの…」

ってなっちゃうから

まあ知ってて知らないふりして付き合っている業者もいるかもだけど

そういう人も知らないふりするわけには行かなくなるよね

ああいう物件の場合

告知事項

って言って、物件に関する問題箇所、例えば

「過去に自殺がありました」
「隣に墓場があります」
「飛行機の騒音が半端じゃありません」

とか、そういう問題を、業者は買受希望者に知らせなきゃいけない

「隣の部屋がオウム経理本部です」

って確実に告知事項なんで…

え~っと上祐の話だったな…

(つづく)
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。