FC2ブログ
未分類 2019.03.10 (日)
ログインしてなくて以下のコメント放置してた、スマソ。表ブログと共通の管理画面だから、ログインしなおすってのが面倒で…

>ブログ内容に関するコメントではないのですが、ひかりの輪の観察処分逆転敗訴についてはどう思われますか?

元の関係者としちゃ、そりゃ嬉しいわけないじゃん、巡り巡って自分の首だってしまるしさ。全然好きじゃないけど、あっちゃんだって色々言われることに、同じような想い抱くわけであって…

------------------------------------------------------------------------

で、今日の記事。

有村かすみの姉ちゃんが、整形して美人になったと話題沸騰中。この話について。

かわいい1

確かに整形してかわいくなってる。

よこがお

鼻をいじったのか、と思ったけどそうじゃないみたい。歯茎が出っ張ってみえるのを、骨をいじって引っ込めたみたいだ。下を引っ込めたから、上向いてた鼻も下向いたようにみえる。

よこがお2




確かに可愛すぎた妹と比較されてきたこともあって、本人も色々悩んで来たんだろうと思われる。

で、整形して美人になったーって記事がいくつかネットに出ている。ヤフーニュースとかコメントつくんだけど、大体は「本人がそれで自信持てたんならいいじゃん」って内容。たまに以下のような内容もある。


「16歳の娘がアゴになんだかヒアルロン酸入れたいとか言い始めてます。
なんだろう...今の世の中って...って思います。
せっかく可愛く産んで、みんなからも昔から可愛い可愛いと言われてきた娘。何に不満を持つのだろう。SNSの加工しまくり写真をみて、自分もこうなりたいなど思うのだろう。可愛いと思う感覚が明らかに私と違う。今の子、どうなっちゃってるの?
見た目がどうこうというよりまず中身を磨いてほしい。親はそう思います。外見の事ばっかり気にしてる。恥ずかしながら中身空っぽです。もっと大切な事に気付いて欲しい。違うんだよ。」

上記コメントに対し、3/10朝の時点でそう思うが1711人、そう思わないが245人。

わしが思うに、結局人間の幸せ(特に女性の幸せ)って何だって言うと、好きな人と結婚して子供作って、家族でいればほっこりする家庭を作るってことだと思う。勿論それ以外の幸せの形も色々あるだろうけど、それがスタンダードっていうか。

これ、何かというと、所謂幸福ホルモン・オキシトシンが出る人間関係が大事ってこと。

そうすると、一人の配偶者(と何人かの子供)が相手になるんだけど、基本的には一人だけ捕まえりゃいいわけであって…

何人も男を振り向かせる必要があるのか、ってことだな。

そういう意味では、前記事に書いた明治さんなんかはほぼ終わっちゃってるんだけど。

自分も含めて男はバカだから、確かに可愛けりゃ、男は沢山寄ってくる。しかし沢山寄ってくるって事は、それだけ誘惑も多いって事であって。

顔だけ・外見だけ綺麗にすればいいって、やっぱりそれに対するプライドというか、高慢チキになるリスクってのがあるよね。あと外観に囚われるっていう意味で、色んな刺激を求める方に流される。

「私は可愛いから男が寄ってくるの!」

口が裂けてもそんなことは言わないけど、結局そういう考えて生きていると、男に対しても外見とか年収だけで判断するようになる。それで刺激的な恋愛とかする傾向になる。

しかし結婚生活とか子育てとか言うのはむしろ忍耐であって、報酬はオキシトシンの幸福感なんだけど、刺激を求めるような傾向の人は、すぐ別れちゃうリスクが高まる。

要するに刺激的な恋愛、刺激的な幸福感って、ドーパミンとかなんだけど、それは決して長続きしない。むしろドンドン強い刺激が欲しくなるというか。

整形して可愛けりゃ、次の男が選べるからオキシトシンの幸福ではなくドーパミンの刺激を求めるようになる。そうすると前の男と作った子供は不幸になる。子供との関係すらオキシトシンの幸福が得られなくなる。そうやって放り出されて来た可哀想な子供のなれの果てが、ホームレスになり、ウチにやってくる。整形して可愛くなった女性の裏側で、可哀想な子供が量産されるという現代の矛盾。

ああ、そうだ、そういうニュースあったよな。やけどの三歳児をラップまいて放置してた橋本佳歩っていたけど、まさにドーパミンの幸福を追求した結果だよ。整形したのかどうかは分からないけど、顔だけは確かに可愛い。やけどの子供を放置して、パチンコ・クラブ・カラオケ、インスタのブランド物とか、ドーパミン刺激の幸福感しか分からない人のようだ。

逆にそんなに可愛くなきゃ、男も寄ってこないから選択肢がなくなる。それで一人の男と我慢して…何とかオキシトシンが出るような家庭を努力して築いて…ってのとどっちがいいかって話だな。

ワシも女房については、確かに「可愛い子が出家して来たー」って思った子だったから、「まあこいつでいいか」と思って結婚しちゃったわけだけど。あ、言い寄って来たのは向こうだよ。結果的には、絡めとられたというか何と言うか…。

でも結局今はもうシワシワだし、可愛いとか関係ないけど、やっぱり仕事して家に帰って来て、飯を一緒に食って、くだらない冗談言い合って、一緒にいるのが、人間の幸福というか、オキシトシンの幸福感だと思う。

オキシトシンの幸福感ってのは、ドンドン強い刺激を求めるってのとは違うホッコリ感というか。まあ普通に親に愛されて育てられた人なら、当たり前に感じて来た安心感なんだけど、それがない可哀想な子供たちが今世の中に溢れている。それが量産されるリスク要因の一つに、外見だけ気にした美容整形があるかなって思う。

スポンサーサイト



Secret